ISO9001認証取得 看板業界では全国でも数社

2002年9月20日 びんご経済レポート 第1458号 7ページ

自社開発のLED電光掲示板設計施工などの(株)タテイシ広美社は、今月10日付けで品質管理の国際規格ISO9001の2000版の認証を取得した。
 LED表示システム「ハロービジョン」をアニメーションなどでPRする同社HPからの問い合わせ急増に伴う信頼拡大が目的。立石恵子専務を管理責任者に、去年7月にISO認証取得に向けキックオフ宣言で取り組みを開始し、1年2ヶ月での取得となった。認証機関はJIA-QA(東京)。全国でも看板の業者が認証を取得した例はまだ珍しいという。
 基本的に大量生産を念頭に構築されているISOの規格と、LED看板という特注製品とのバランスをとりながらマニュアルを作成、A4判で20ページとシンプルにまとめた。 特に設計部門のマニュアル化では、使用目的や材質など11項目からなるチェック事項や、製作段階での設計変更箇所を書き加える欄を設けるなど、設計と工場との連携をスムーズにするための事項を多く盛り込んだ。同社の従業員数は19人で、既に認証を取得している同規模の企業を訪問、情報収集し参考にした。
 マニュアル管理担当者は、「小さな組織がうやむやにしてきた部分を筋を通して明らかにすることが、信頼につながる。目に見える効果と言うのはまだ工場内の整理など限られた部分だが、ISOに沿った動きを無意識にできるよう徹底していきたい」と話している。