LED表示システム『ハロービジョン』

2003年10月 府中けいざい情報 16ページ

昼間でも高い視認性

当社は、看板やネオンなどの製造施工業を営んでおり、新たな試みとして10年ほど前に、電光掲示板の販売を始めました。当初は、大手メーカーの電光掲示板を販売、設置していたのですが、お客様から規格外の大きさや用途について相談を受けても、大手メーカーですと特注商品への対応が難しいんです。
ですから、私どものように小回りのきく中小企業であれば、お客様のニーズにもお応えできるのではないかと思い、開発へ参入しました。
一号機が平成6年7月に完成し、福山市駅家町の国道沿いに、企業の広告を表示するために設置しました。それから改良を加え、今では、県庁や市役所、警察署、一般企業などに『ハロービジョン』という商品名で数多く納めさせていただいています。このハロービジョンは、超高輝度LED(発光ダイオード)を使った電光掲示板です。昼間でも高い視認性を持ち、動く画面で人々の注目を集めるとともに、多くの情報を伝えることができます。広告以外にもイベント案内や駐車場での満車・空車の表示、待合室での天気やニュースの表示など、様々な利用方法が考えられます。

お客様のニーズに合わせて作ります

ハロービジョンは、コントロールボードから編集システムまで、当社独自の技術で開発していますので、お客様のニーズに合った商品に組み替えることができます。表示方法や用途をご相談いただければソフト開発からお手伝いいたします。もちろん、大きさや外枠の形、色、材質なども自由に選べますし、看板の中にハロービジョンを組み込むこともできます。   また、データ配信は、電話回線、PHS、ポケットベル(※現在はポケベルでの通信サービスは行っておりません。)、LAN、直結ケーブル等の用途にあった通信方法が選べます。