地元のコーヒー屋さんにTLライトパネルがつきました。

東日本大震災を機に東京からUターン後、築100年の建物を手作りで改装し、コーヒー屋さんを始めた
コーヒーファクトリーハイジ。
オーナーの友人たちが1周年のお祝いにと弊社のTLライトパネルをプレゼントし、その小さな除幕式に
弊社社長と専務がご招待を受けました。

TLライトパネル

 

地元のコーヒー屋さん
 
 
~府中NEWS速報 2016年9月5日掲載~
【以下、掲載記事全文】
 

ハッピーバースデー ハイジ! 同級生がお祝い
 
9月11日(日)に開店1周年を迎える、商店街の焙煎珈琲店コーヒーファクトリーハイジ。そのお祝いに、
オーナー小谷直正さんの同級生、明郷学区出身の7名が、4日、店の看板(タテ50cm x ヨコ100cm)を
2台プレゼントした。
向上をデザインしたロゴと店名が浮かび上がる。前面がLEDで照らされる“TLライトパネル”は軒先に吊るし、
もう一枚のアクリル看板は入口真上につけた。
製作は、同級生の父親が営む地元の“看板のプロ”株式会社タテイシ広美社に依頼。この日、友人が主催した
除幕式には、立石克明社長も愛妻と駆けつけた。
東京からビデオ通話で参加した同級生、山口弥生さんは「色んな人が集まって、商店街を明るく盛り上げていく
お店であってほしい」とメッセージを。
 
小谷さんは、「ここでコーヒーを飲みながら、何か新しいアイデアが生まれていく。そんな店にしていけたら」
と話していた。