福山市立大学の就活イベント『社長さんと語ろう!』に弊社社長が参加しました

 

 

2月16日、福山市立大学での就活イベント『社長さんと語ろう!in 福山市立大学』に弊社社長が参加しました。

このイベントは就職活動を控えた大学2,3年生の学生さんと懇談することで、学生たちの生の声を聴ける貴重な機会でした。

一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会、福山市立大学キャリアデザインセンターの皆様、お呼びいただきありがとうございました。

詳細は下記のリンクよりご覧ください。

 

 http://www.fcu.ac.jp/campus/event/2018/02/216-in.html

 

 

————————————————————————————-

【中国新聞 2018年2月27日掲載記事】

地元経営者学生と語る

福山市内の大学就活へ交流の場

 
 福山市内の大学は、学生と地元企業の経営者が語る機会を増やしている。学生にトップの話を直接聞いてもらい、就職活動への関心を高める。企業側は採用難の中、学生へのアピールを強める。
 市立大(港町)と中国地域ニュービジネス協議会(広島市中区)は16日、2,3年生15人と県東部5社の社長がざっくばらんに語り合う会を設けた。学生3人と社長1人がテーブルを囲み、和やかに会話を楽しんだ。
 5社の業種はスーパーや製造業など多彩。社長は学生時代の思い出や事業への思い、苦労などを語り、学生は熱心に質問した。3年立石知毅さん(22)は「経営者それぞれの考え方が分かり、興味が深まった。」と話した。
 福山大(東村町)は23日、県中小企業家同友会(広島市中区)のメンバーと学生の交流事業を開いた。3年生約60人と経営者たち約20人が参加。経営者が模擬面接官になって学生に質問したり、中小企業で働く面白さを語ったりした。
(榎本直樹)