世界最高水準の高精細LEDディスプレイを凸版印刷株式会社と共同開発

 

株式会社タテイシ広美社(代表取締役社長 立石良典)は、世界最高水準の高精細1.5mmピッチのLED(発光ダイオード)ディスプレイを凸版印刷株式会社(代表取締役社長 金子眞吾)と共同開発しました。

 

 

 

このLEDディスプレイは、480mm×270mmのLEDパネルを単位に、パネルを縦横に並べて組み合わせて自由にサイズを設計できます。パネルの長辺か短辺の一辺が接して連結していれば全体の形状も自由で、階段状や壁面の360度外周、内部にパネルがない空白部分なども設計できます。高精細LEDの最大の特長である高輝度でハイコントラスト(明暗の差)な超高精細映像コンテンツに適しています。

 

駅や空港など交通施設のメインゲートや、商業施設、テーマパーク等での動画、静止画、CG映像の表示や、プロジェクションマッピングの様なエンターテインメントとしての演出も可能です。さらに、フレームのない大画面に実物大の映像を表示することで、自動車や住宅設備などのバーチャルショールームにも利用できます。

 

 

凸版印刷株式会社より下記のプレスリリースにて発表されています。

凸版印刷、感動体験型映像空間を開発

 

また、2018年6月7日に凸版印刷株式会社が新設した地方創生・観光立国の共創拠点「NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI」(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F/2F)に、「エクスペリエンスウォール」を設置しています。

NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI

 

■凸版印刷について
会社名:凸版印刷株式会社
所在地:東京都千代田区
代表者:金子 眞吾
設立年:1900年
コーポレートサイト:https://www.toppan.co.jp//