『第8回府中学びフェスタ』に出展しました!

 

先日10月27,28日に地元・府中市で開催された「府中学びフェスタ」に出展しました。

 

『府中学びフェスタ』は「府中で熱中!! 府中に夢中!! ~府中の学びをもっと知ろう~」を今年のテーマとして、学校・家庭・地域社会が連携して、教育の充実と発展を図る目的で実施しています。当日は府中市中の子どもたちが集まり、学生たちの成果発表や企業・団体のブース体験などを行いました。今年は当社を含め2社が企業ブースとして出展しました。

http://www.city.fuchu.hiroshima.jp/sangyo/sports/2001.html

 

当社では電子ペーパーやペダル式発電機での体験を通して、タテイシ広美社の最新の取り組みを子どもから大人まで感じていただきました。

 

 

今回はその様子を写真とともに簡単に紹介いたします。

 

電子ペーパーのコーナーでは、「2019年の目標」を描いていただき、それがどのように電子ペーパーに映るか体験してもらいました。

友達同士で、親子で楽しみながら描いていただき、お互いの会話が弾んでいました。

来年、目標は達成できているでしょうか・・・?

 

また、電子ペーパーの特性である「表示中は消費電力がゼロ」ということや、将来的に学校の授業の板書やノートも電子ペーパーに取って代わるかも、という話にはみんな興味津々でした。

 

 

 

 

ペダル式発電機のコーナーでは、自分で電気を発電してもらいました。発電した電気でLEDのインジケーターが各色に光り出し、漕ぎ続けると最終的にレインボーに光ります。(写真右)

レインボーまでたどり着くと拍手が沸き起こり、インスタ映えするフレームでは多くの方が写真を撮られていました。

漕ぎ続けて発電を続けるのは大人でも体力を使います・・・。普段使っている電気を発電するには結構なエネルギーを使うことを実感していただけたかと思います。

 

 

その他にも様々な最新の技術を体験してもらい、タテイシ広美社が時代の変化の中で、「情報伝達業」としてどういった仕事をしているのか、どんなものを作っているのかを地域の方々に知っていただけたかと思います。

 

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!