サイナビ/防災情報システム

万一の災害時、文字や音声などの情報を瞬時に伝達、住民に安全と安心をお届けします。

bousaitop

防災無線に対応

通信手段として各自治体の防災無線に対応可能。災害などで公衆通信網が途絶した場合にも、重要な情報を伝達できます。

音声放送

視覚・聴覚の両方から注意を呼び掛けることでより効果的な情報提供が可能です。(音声は電光掲示板の表示内容から自動的に生成する事が出来ます。)

J-ALERTに対応

緊急地震速報や弾道ミサイル発射情報など、J-ALERT稼動時に、瞬時に情報伝達できます。

表示器監視機能を搭載

操作パソコン上で、表示状況を確認できるため離れた場所からの管理・操作も安心して行えます。また機器の異常を自動検知・報告する事も可能です。

既存システムとの連携

例えば...
既存の防災システムと連動させ、有事には防災情報等を自動的に表示する事が出来ます。

bousaigaiyou

たとえばこのシステム、映像と音声でわかりやすく情報を伝えます

bousai1
災害時の緊急情報や気象情報を表示します。
表示する文章を自動的に音声変換・放送できるため、更なる注意喚起に役立ちます。
もちろん平常時には広報表示用として使用可能。
操作パソコン上で表示状況や機器の異常も確認できるので離れた場所からの管理も安心。
防災無線も可能。

京都市防災システムのページ

中国新聞に掲載されました。